開成卒業生が語る中学受験

目からうろこ。開成卒業生かめだんだから知っている。中学受験の注意点。

解き直しのレベルを把握できるか

演習やテスト受験の目的は成績アップだけではない。間違えた問題の解き直しにはいくつかのステップが存在する。

3年後を見据える視点

新4年生の授業開始は間近。3年後を見据えた視点をどのように持っておくか。

重要なのは不合格の捉え方

入試結果をどう捉えるか。入学後の6年間をどう捉えるか。

もう少し辿ってみると

試験当日の記憶を辿ってみると。意外に落ち着いていた面。そこからの崩れ具合。短時間での気持ちの浮き沈み。

当日の記憶、辿ってみると

試験当日の記憶を辿ってみると。意外に落ち着いていた面。そうでもなかった面。短時間での気持ちの浮き沈み。

目に見えないからこそ

いよいよ受験が近づいてきたこの季節。病気の予防。単純なことの徹底。

通塾を始めるにあたり

わが子の通塾もそろそろ本格的な検討時期。具体的な校舎が決まったところで確認したい内容。

1月は見えていますか

冬期講習、正月特訓と立て続けに特別講座が進むこの時期。だからこそ1月の出口戦略は検討する必要があります。

嫌いな単元を乗り越えるには

どうしても覚えられない暗記事項は誰にでもある。そういうものには長い時間目に触れるようにしなければ。

フワフワしない

親御さんはフワフワしないこと。そのためには。

起こし方のコツ

朝型のお子さんには辛い季節になってきました。早い時間帯にお子さんを起こさせる方法は。

時事問題は知識だけか

時事問題対策は知識を抑えるだけではない。知識から派生する問題を想定しておくことが重要です。

焦ることより大切なもの

残り約50日となった今、親御さんに持っていてほしい心得。今過ごしている時間は戻ってこない。

父親から得たもの

父親がガン宣告を受けた。改めて父親に対して感じること。

実力を正しく把握するには

ケアレスミスや凡ミスをどう捉えるか。スポーツに例えれば「あの1点」、「あの場面」…。

今できるシミュレーション

今のうちにやっておいた方が良いシミュレーション。当日、緊張や地に足がつかない状態にならないように。

親御さんにとって難しいこと

隣の芝は青い。お子さんを見ているとカリカリしてしまうのはなぜか。その対応方とは。

シンプルなことを大切にする

非受験学年のお子さんが大切にしておくべきこと。マスターしておくべきこと。

無意識につぶやいていませんか

お子さんに向かっていけないNGワード。聞いたお子さんは「できなくて良いのかも」と。

語呂合わせできますか

年号が覚えられないお子さん。オリジナルな語呂合わせ。ノートのまとめ方。

時事問題は知識ではない

時事問題をどのように考えておくか。単なる知識として覚えておくだけでは意味がない。

読解力は必要なのか

どうして読解力が必要なのか。中学校が求める「読解力を通して得られる力」とは。

傾向と対策の落とし穴

過去問の傾向と対策の落とし穴。過去問演習をする際に気を付けなければならない点。

夏明け前にすべきこと

夏休み明けの学習習慣、スケジュールは検討されていますか。ラストスパート用のスケジュール管理。

教え子の成長

塾長時代の教え子との再会で感じたこと。将来に向けて大切なことは。

馬車と汽車の使い分け

コーチングとトレーニング。お子さんが問題に行き詰ったときの使い分け。

全てに手を出せますか

夏休み、残り2週間の過ごし方。「できていないこと」に目が向きがち。「できるようになったこと」は?

学習時間の上限

受験生には一体どれくらい、家庭学習の時間が必要でしょうか。 まず、「勉強時間以外」に必要となる時間を挙げていってみましょう。 ・睡眠時間(8時間程度) ・学校 ・食事 ・お風呂 ・通塾時間(日によって違うはず) ・休憩 などの必要不可欠な時間を洗…

「止まれ」は止まれ、お盆休み

お盆休みの過ごし方。ペースが崩れてもあわてないこと。長い目で見た学習を。

感想文に必要な場面

読書感想文の書き方について。あらすじに走ってはいけない。心に残ったことは1つ。