開成卒業生が語る中学受験

目からうろこ。開成卒業生かめだんだから知っている。中学受験の注意点。

読む力はついていますか?

中学受験にとって大きな意味を持つ新小4の授業が始まりました。
この段階で読む力が身についているかどうかは今後の学力アップに相当の差が出ます。
 

 

 
中学受験における読む力は筆者の主張や人物の心情を理解できる読解力です。
このような読解力はすぐに身につくものではありません。
低学年のうちから基礎的な読む力を身につけておくことが大切です。
読む力は国語だけの問題にとどまりません。
お子さんが日々学習していく内容は新しく難解なもののはずです。
読む力が備わっていればそういった内容を理解できる可能性も高まります。
短時間で身につける能力も高まるのです。
 

 

 
少し難しい単元になると読むのをあきらめてしまうお子さんは少なくありません。
読む力がないために、「分かったような気」になって進めてしまうお子さんも少なくありません。
こういったことにならないためにも、低学年のうちから
文章を正しく理解する能力を身につけてほしいと思います。
 
君が次に叩く1回で、壁は打ち破れるかもしれないんだ!
- 松岡修造
 
ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。
お子さんについての具体的なご質問等、右記のお問合せで受け付けております。→
ぜひ、遠慮なくお問合せください。
また、都内にて週1回程度であれば家庭教師をすることが可能です。
もしご希望やご相談がございましたら併せてお問い合わせください。
 
↓ 以下にたくさんの役立つブログがあります。私も参考にさせていただいています。 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
 
 
 

www.kamedan.xyz