開成卒業生が語る中学受験

目からうろこ。開成卒業生かめだんだから知っている。中学受験の注意点。

実力を正しく把握するには

ケアレスミス、凡ミス、イージーミスなどはどう捉えたらいいのでしょう。
 
これらは
・きちんと計算すれば
・見直しをすれば正解だった
という問題ですね。
こういったフレーズを口にされる親御さんは「本当の実力はこんなものではない」という考えを無意識に持っているような気がします。
しかし、このケアレスミスという言葉は安易に使ってはいけません。
 
 
 
敢えて厳しい言い方をすると、
ケアレスミスを「する」、あるいは「防げない」のは現在の実力です。
しかし、「ケアレスミスさえなければ」
・もっと点数が取れたのに…
・偏差値も上がったのに…
こう考えてしまう親御さんは多いです。
でも「もっと悪いようにもなり得たのだ」と考えてくださる親御さんは少ないように感じます。
 

 

 
「もっとケアレスミスがあったら」
・もっと点数は悪かった…
・偏差値も下がっていた…
スポーツでは「あの場面で1点取れていれば」「あの場面を防いでいれば」など良く聞かれますよね。
これと同様、「たら」「れば」を言い出すとキリがありません。
しっかり現状を捉え、普段から時間を意識した学習をする。
見直しをする習慣をつける。
地道な努力をしていくことが大切です。
 
今日という一日は、明日という日の二日分の値打ちがある。
- ベンジャミン・フランクリン
 
ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。
お子さんについての具体的なご質問等、右記のお問合せで受け付けております。→
ぜひ、遠慮なくお問合せください。
また、都内にて週1回程度であれば家庭教師をすることが可能です。
もしご希望やご相談がございましたら併せてお問い合わせください。
 
↓ 以下にたくさんの役立つブログがあります。私も参考にさせていただいています。 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
 
 

 

www.kamedan.xyz