開成卒業生が語る中学受験

目からうろこ。開成卒業生かめだんだから知っている。中学受験の注意点。

1月は見えていますか

1月の授業はどうされますか?
 
1月と言えばお子さんの第一志望校も固まり、追い込みの時期ですね。
オールラウンド的な集団授業で大丈夫でしょうか?
冬期講習や正月特訓はモチベーションアップという側面もあります。
受講をお勧めするところです。
一方で、1月の集団授業には私は2つの側面から懐疑的な思いを持っています。
 

 

 
間際になれば「各受験校の傾向」に応じた学習が必要です。
集団授業ではどうしても過不足が出てきてしまいます。
効率的な学習を考えると、残りわずかな時間は大切にしたいところです。
 
一方で、お通いのクラスが「開成クラス」とか「●●クラス」のように、受験校に特化したものであれば受講した方がいいかもしれません。
正月特訓のように、モチベーションアップも期待できますね。
 

 

 
さて、1月の集団授業に懐疑的な理由は、塾の経営的な側面です。
おそらく既に「中学準備講座」なるものの営業が始まっているのではないでしょうか。
名称は各塾によって異なるでしょうが、2月以降も通塾してもらうための営業戦略があるはずです。
これが始まると担当の先生が浮足立ってしまいます。
ノルマがあるため、「2月以降も受講しよう」という話に持っていくために授業時間が割かれてしまいます。
 
ではどうするか。私なら
・1月分の月謝を払い、質問だけを受け付けてもらえるようにします。
あるいは極端ですが、
・退塾のタイミングを前倒します。
最後の1カ月の過ごし方はとても重要です。
 
そのことはできる、 それをやる、 と決断せよ。
それからその方法を見つけるのだ。
- エイブラハム・リンカーン
 
ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。
お子さんについての具体的なご質問等、右記のお問合せで受け付けております。→
ぜひ、遠慮なくお問合せください。
また、都内にて週1回程度であれば家庭教師をすることが可能です。
もしご希望やご相談がございましたら併せてお問い合わせください。
 
↓ 以下にたくさんの役立つブログがあります。私も参考にさせていただいています。 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
 
 
 

www.kamedan.xyz