開成卒業生が語る中学受験

目からうろこ。開成卒業生かめだんだから知っている。中学受験の注意点。

重要なのは不合格の捉え方

先日、新小4になる子どもに入塾テストを受けてもらいました。
 
結果は無事、合格。
入塾テストとは言え、結果にはやきもきするものです。
今まさに受験を迎え、あるいは控えている親御さんのお気持ちは計り知れないものがあります。
 

 

 
うちの子どもの話はさておき、入試結果は悲喜こもごもです。
全てのお子さんが
「希望する学校」
に入学することはあり得ません。
残念ながらそれは現実です。
だからこそ皆さまはチャレンジ校や実力相応校、合格確実校を検討されたはずです。
この時期に不謹慎かもしれませんが、第一志望校に落ちた場合のことを考えます。
 

 

 
その瞬間にはこれまでの過程を踏まえ、ショックや悲しみ、色々な感情が生まれてくることでしょう。
しかし、多くのお子さんを教えてきた経験から、お子さんにとっては
「入学した学校が一番の学校」
なのです。
学力や価値観がお子さんに近い環境であること。
これは6年間を通じて考えるとプラスになる側面がとても大きいものです。
逆に「奇跡的な合格」を果たしたお子さんの中には、中学1年生の段階で挫折、
その後の学校生活が充実したものにならない方もいらっしゃいます。
入試に落ちたい方はいらっしゃいませんし、皆さん合格を願っています。
この時期は、異質な環境、異質な精神状態に陥りがちです。
あくまでお子さんの6年間、その後の成長が一番重要であることを忘れないでください。
 
自分自身に負けない限り、それは敗北ではないのです。
- エレノア・ルーズベルト
 
ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。
お子さんについての具体的なご質問等、右記のお問合せで受け付けております。→
ぜひ、遠慮なくお問合せください。
また、都内にて週1回程度であれば家庭教師をすることが可能です。
もしご希望やご相談がございましたら併せてお問い合わせください。
 
↓ 以下にたくさんの役立つブログがあります。私も参考にさせていただいています。 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
 
 
 

www.kamedan.xyz